タロットは当たる占い?占い好きな人に聞いてみた

HOME>みんなの声>当たる占いの真実とは?タロットで見る未来

当たる占いの真実とは?タロットで見る未来

タロットカード

レビュー一覧

歴史があって神秘的だから好きなんです

日本でタロットカードが流行ったのは、確か昭和の後半あたりのオカルトブームの頃です。自分もその頃まだ子供でしたが、カードに描かれている絵画のような古びたイラストとそこから醸し出される神秘的なイメージに当時はずいぶん夢中になりました。その時の体験があったためか、今も占いというとタロットでやっている方をまず選んでしまいます。大人になった今はいろんな占い師の方と出会ったり本を読んだりして知識が付いたのでわかりますが、タロットの歴史は相当古くからあるようです。もっとも古いカードは、イタリアのミラノで発見された15世紀の物だとか。どうりでカードに描かれていたイラストが古いわけです。そんな長い歴史のある物だけに、タロットカードは当たる占いとしても有名です。そうでなくては、この時代まで残ることはなかったでしょう。自分もそれにあやかって、今もいろんな当たる占い師さんにみてもらっています。やっぱり歴史がある占いだと実績があるので、当たる確率も他の物と比べて高いように感じます。40代女性

自分でも正しい解釈ができれば当たると思います!

タロット占いが大好きで、占い師さんに占ってもらうのはもちろん自分でも個人的にそれを使って占いをよくしています。自分もやるようになってからわかったんですが、タロットってちょっとした解釈の違いから占いの結果に差が出るんです。たとえば同じ正位置で死に神のカードが出ても、解釈の仕方次第で運命の分かれ目と失敗って感じに意味が違ってしまいます。そこを知らずに占うと、間違ってはいないけどまったく違った結果を受け止めることになりかねません。そんな部分があるので、カード占いをする時は出た内容をよく確認して取り入れていく必要があります。そういうところがあるので、タロットカードは解釈のポイントが合う相性のいい当たる占い師さんをみつけることが大切です。それでおそらく占いの的中率もまったく違ってくるかもしれません。10代女性

広告募集中